sportsnabi-前十字靭帯のテーピング・巻き方

前十字靭帯のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆前十字靭帯のテーピング・巻き方【目次】

◆テーピングの手順表

★1.前十字靭帯は膝の強靭な靱帯組織
★2.膝関節のぐらつきをしっかりと固定
★3.前十字靭帯のテーピングの巻き方・手順一覧表

◆前十字靭帯は膝の強靭な靱帯組織

 前十字靭帯という言葉を耳にしたことがある方は多いだろう。
 しかし前十字靭帯がどこにある靭帯組織であるのか?
 この点について把握している方は少ないかもしれない。
 この前十字靭帯とは、ふとももの大腿部にある大腿骨と脛にある脛骨と呼ばれる骨を結んでいる非常に強靭な靱帯組織である。
 靱帯は骨と骨をつなぐ関節の安定性を保つ上で非常に重要な役割をもつ組織。
 特に膝関節を構成する靱帯の中で最も負担がかかる靭帯がこの前十字靭帯なのである。

◆膝関節のぐらつきをしっかりと固定

 前十字靭帯のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。
 前十字靭帯に施術されるテーピングは、一般的なホワイトテープによるテーピングが主流。
 膝関節のぐらつきを抑えるためにも、密着性を意識したテーピング施術が重要となる。
 何回か実践していく内にポイントが掴めてくるが慣れるまでは多少の時間がかかるかもしれない。
 尚、テーピング開始前に下腿のふくらはぎ下部から太もも中央部にかけてアンダーラップを巻いておくと毛によるずれや浮きがなく固定が安定する。

前十字靭帯のテーピングの巻き方・手順
@アンカー
大腿部(太もも)中央部分。下腿中央部分にエラスティックテープを使用してアンカーを貼る。
Aサポートテープ
右側面の下腿アンカー中部から左側面の太ももアンカーに向けてサポートテープをクロスに貼る。逆も同様。膝やや下中央部でテープをクロスさせる。
Bクロステープ
クロスしたテープから2.5mm上に同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。膝の骨(膝蓋骨)の下部に達するまで継続。
Cアンカー
再度アンカーテープを貼りサポートテープの両端のばらつきを止める。

 以上が前十字靭帯のテーピング手順の流れである。
 テーピングを終えたら弾性包帯、もしくはサポーターを膝にかぶせ処置は終了である。