sportsnabi-ばね指・腱鞘炎のテーピング・巻き方

ばね指・腱鞘炎のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ばね指・腱鞘炎のテーピング・巻き方【目次】

◆ばね指は女性に比較的多く発症する腱組織に炎症を発症する障害

★1.ばね指とは?女性に多く発症する指関節の腱鞘炎
★2.医学的な正式名称は狭窄性腱鞘炎
★3.腱鞘部分へのひっかかりが痛みの要因

◆ばね指とは?女性に多く発症する指関節の腱鞘炎

 ばね指は性別で見ると男性よりも女性に比較的多く発症する腱組織に炎症を発症する障害である。
 ばねのように反発する独特の症状を発症することからこのような名称がつけられている。(弾発指(だんぱつし)とも呼ばれる)
 この指の病気の最大の特徴は非常に長い時間をかけて徐々に指関節にダメージを与えていく進行性の障害であるという点である。
 その為、一番最初に症状を確認した時点では痛みなどはほとんど感じていないケースが多い。
 振り返ってみると、「あの時から症状は確認できていたんだな・・・」と思う場面は思い浮かぶが、実際には初期段階では痛みがほとんどない為治療を開始することもなく過ごしてしまう。
 この症状はある程度進行した段階においても同様である点が注目する点である。
 痛みは朝方に多く発症するが、その痛みさえも時間の経過と共に徐々に消えていく。
 また、季節によっては痛みが出ないような時期もありそのスパンも長期間に渡るケースもある。
 個人的な話になるが妻が一時ばね指の症状に近いことを訴えていた時期があったがその後半年近く痛みはほとんどない状態になっていたことがある。
 しかし、それから数年後に痛みが急激に強くなり朝方のこわばり感なども強烈に変化していき最終的に日帰りの手術を行った経緯がある。(⇒ばね指の手術費用に関する記事はこちら)
 年代や割合の傾向から見ても成人女性にとっては指関節の病気の中で最も身近な病気と言えるのかもしれない。
 尚、ばね指は、このような長期的なスパンで症状が徐々に進行していくという特徴があることから治療の開始が遅れることが多く確認されている。

◆医学的な正式名称は狭窄性腱鞘炎

 バネ指は指の関節に生じる障害のひとつである。
 一般的には
◆スプリングフィンガー(スプリング指)
◆弾撥指(だんぱつし)
 などとも呼ばれるが、医学的な正式名称においては 「狭窄性腱鞘炎」と呼ぶ。
 指がバネのように弾ける症状が独特の症状であることから自覚症状でもある程度ばね指の想定は可能。
 しかし、痛みの発症と緩和が繰り返される為、治療のスタートが遅れてしまい症状が進行してしまうケースも多い。
 この病気は指の関節の動作に関与する「腱」に異常が生じる事によって発症する。
 腱の障害には様々な障害があるが、ばね指では異常を生じている関節に炎症を伴うケースが多い事から腱鞘炎(けんしょうえん)のひとつの種類として位置づけられているのが現状である。

◆腱鞘部分へのひっかかりが痛みの要因

 ばね指は腱鞘炎であることから、痛みを緩和する際は、まず腱を包んでいる腱鞘部分へのひっかかりを除去することが必要である。
 このひっかかりが痛みの要因ともなっている為だ。
 テーピング療法を行う場合は、この腱鞘炎の痛みを発症をさせないように可動範囲に制限を加えていくことになる。
 尚、ばね指の症状の大きな特徴として朝方、特に寝起き時に指が痛むという特徴があげられる。
 起きたばかりの状態は指がこわばったような状態となり、文字通り指がバネ状に跳ね上がるような動きをする。
 この朝一の指のこわばりを発症するようになると、ある程度症状が進行をはじめていると考えてよいだろう。
 日常生活の範囲でも痛みを頻繁に伴うようになった場合は、テーピング処置よりも、外科手術を検討した方が良いケースもあることは把握しておくべきである。