sportsnabi-偏平足のテーピング・巻き方

偏平足のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆偏平足のテーピング・巻き方【目次】

◆偏平足を矯正するインソールなどの矯正装具の効果は期待できるのだろうか?

★1.偏平足の仕組み
★2.自分でできる偏平足の治療法

◆偏平足の仕組み

 偏平足の患者の足の裏は真っ平らという訳ではない。
 実際は少しではあるがアーチ構造が残っている。
 このアーチ構造を形成しているのは足の下腿、ふくらはぎ部分にある筋肉群である。
 偏平足は足裏の土踏まずに当たる部分の筋肉を持ち上げる働きをもっているふくらはぎの筋肉群の筋力が低下している為に発症する。
 この本来のアーチ構造を保つことができずにアーチが下がってしまっている状態が偏平足状態と言うことになる。
 この仕組みがわかることで、足のアーチ構造をトレーニングなどによって形成することが可能であることもある程度見えてくる方もいるだろう。

◆自分でできる偏平足の治療法

 幼少期に運動をする機会が少なかった子供等は成人になると偏平足症状を発症しやすいのもこのためである。
 下腿周りの筋群の強化を図ることで偏平足はある程度治すことができる障害である。
 では、よく見かける偏平足を矯正するインソールなどの矯正装具の効果は期待できるのだろうか?
 これは筋力の強化が伴って初めて根本的な原因の対策となる訳でありインソールだけで治療を行えるわけではないことも容易にわかる。
 しかし、強制的にアーチ構造をインソールで作ってあげることで今まで使われていなかった筋肉に刺激を加えることにもなり効果が全くないか?と問われればそうとも言い切れない。
 ここで覚えておくべきポイントは偏平足の治療過程で必要なことは下腿まわりの筋群の強化が不可欠であるということだ。
 装具やインソール、そしてテーピングに関しても効果を否定しているわけではないが根本的な問題の解決にはならないことを覚えておく必要がある。

※偏平足の治療では下腿周りの筋群・足指周りの筋群を強化すると良い。但し大胸筋や腹直筋などのように目に見えて筋肉が発達する部分でもないため、長期的にトレーニングを継続することがポイント。