sportsnabi-ジャンパー膝のテーピング・巻き方

ジャンパー膝のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ジャンパー膝のテーピング・巻き方【目次】

◆膝の膝蓋靱帯に発症する炎症をもたらす障害

★1.ジャンパー膝とは?
★2.日本では15歳・16歳以降に発症率が徐々に高くなる
★3.社会人になりスポーツ競技へ復帰する場合の注意点

◆ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝の図

 ジャンパー膝とは、膝の膝蓋靱帯に発症する炎症をもたらす膝関節の障害である。(膝蓋靭帯炎も同意)
 膝蓋靱帯は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぎ膝関節の運動や可動範囲の制限を行う重要な靭帯組織。
 可動域の制限と膝関節の保護システムとして機能している組織には同様に膝蓋骨がある。
 膝蓋骨は膝蓋靱帯(膝蓋腱とも呼ばれる)を経由する遊離した骨組織。
 一般的には「膝の皿」としても知られる。
 名前からもわかるとおり、この膝の病気は、ジャンプ動作を行うスポーツアスリートに多く症状を発症する傾向を持つオーバーユース系の障害である。
※オーバーユース症候群=使い過ぎ症候群

◆日本では15歳・16歳以降に発症率が徐々に高くなる

 ジャンパー膝のジャンパーとは直訳すると「飛ぶ人」という意味である。
 では何故ジャンパーに多くこの病気が発症するのだろうか?
 これは膝関節の仕組みと関節、靱帯組織の働きや役割を確認することで容易に理解することができる。
 最たる原因としてはジャンプ動作を必要とするスポーツ競技の多くが繰り返しの動作を必要とするものが多い点にある。
 最も代表的なスポーツ競技を上げるとするならばネットを挟むバレーボールやバドミントンなどの競技。
 ポジションや選手の特徴、スタイルにもよるだろうが実際にゲーム間に行われるジャンプ動作の数は優に100回を超えてくるケースが大半である。
 またジャンパー膝はオスグッドなどの成長期に多い膝の病気と比較すると成長期を終えたあたりの15歳以降あたりから発症率が徐々に高くなってくるという傾向を持つ。
 10代の子供がジャンパー膝を発症するケースの大半は部活動などによる体育以外の運動による影響が大きい。
 成長期が徐々に終焉を迎えるこの時期は筋力は顕著に高くなってくるものの人体の構造的にはまだまだ未発達な部分が多い。
 これはもちろん靭帯組織も同様でジャンプ動作のような比較的強い筋出力が求められる強い負荷には耐えられない部分もある為だ。

◆社会人になりスポーツ競技へ復帰する場合の注意点

 10代に対して成人以降にジャンパー膝などによる膝蓋靱帯に炎症を起こす要因には柔軟性の低下という成長期の10代の子供とはまた異なった原因の関連性も出てくる。
 久しぶりに運動を開始したケースや、減量を目的としてジョギングを開始して数週間程度たった段階でジャンパー膝の炎症を発症するケースも多い。
 成人以降に現役時代に行なっていたスポーツ競技などに復帰を果たす場合は、まずは体力を!と気負いがちであるが、怪我や炎症性疾患の可能性を考慮し体力をつけていく以上に柔軟性の強化を目的とした本格的なストレッチングから取り組むべきと言えるだろう。