sportsnabi-ジャンパー膝のテーピング・巻き方

ジャンパー膝のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ジャンパー膝のテーピング・巻き方【目次】

◆ジャンパー膝のテーピングの手順表

★1.下腿のふくらはぎ下部から太もも中央部にかけてアンダーラップを巻いておく
★2.ジャンパー膝のテーピングの手順表@〜C
★3.ジャンパー膝のテーピングを行う際の2つのポイント
★4.合併症・転倒など2次的な怪我への予防も考慮して判断

◆下腿のふくらはぎ下部から太もも中央部にかけてアンダーラップを巻いておく

 ジャンパー膝のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。
 ジャンパー膝に施術されるテーピングには一般的なテーピング。
 そして筋肉に沿って貼りダメージを受けている筋肉や関節の補助的な役割をするキネシオテーピング。
 更に、自然治癒力を最大限に高めるとされているスパイラルテープと主に3つのテーピング施術法が存在する。
 ここでは主流となるホワイトテープを使用したジャンパー膝のテーピングの手順について以下にまとめる。
 尚、テーピング開始前に下腿のふくらはぎ下部から太もも中央部にかけてアンダーラップを巻いておくと毛によるずれがなく固定が安定する。

※男性がジャンパー膝のテーピングを行う場合は、事前に下腿のふくらはぎ下部から太もも中央部にかけてアンダーラップを巻いておくと固定力が高まる

◆ジャンパー膝のテーピングの手順表@〜C

ジャンパー膝のテーピングの巻き方・手順
@アンカー
大腿部(太もも)中央部分。下腿中央部分にエラスティックテープを使用してアンカーを貼る。
Aサポートテープ
下腿外側から大腿部内側へ向けてスパイラル状に巻きあげていく。これは伸展動作の制限が目的。
B伸展制限テープ
大腿部から下腿へまっすぐに膝をまたいでテーピング。テープから2.5mm外側にに同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。この際膝を軽く曲げた状態をキープする。
Cアンカー
再度アンカーテープを貼りサポートテープの両端のばらつきを止める。

 以上がジャンパー膝のテーピング手順の流れである。

◆ジャンパー膝のテーピングを行う際の2つのポイント

 ジャンパー膝のテーピングでは伸展の制限を加えることが基本。
 伸展とは膝関節の場合は曲げている膝を伸ばす動作を示す。
 運動が可能な範囲のテーピングとなる為、過度に強く巻きつける必要はない。

※ジャンパー膝のテーピングでは膝の伸展動作に制限がかかる事がポイント

 尚、選手はテーピングのサポートによりある程度運動をこなすことができるようになる。
 これは実際に炎症を発症している膝蓋靱帯に加わる牽引作用が緩和されるため。
 しかし、炎症を発症している状態における競技への参加は炎症の促進につながることを選手には必ず把握させておく事が重要。
 実践競技中に痛みを強く感じ始めた時は選手自身からサインを出させるようにトレーナーはしっかりと理解させなければいけない。

※テーピングは痛みの緩和効果はあるが過信してはいけない!また過信させない!

◆合併症・転倒など2次的な怪我への予防も考慮して判断

 応急処置としてテーピングを実践した場合は競技中の選手の観察も重要である。
 トレーナーや指導者が観察する際のポイントは、
◇運動量の低下
◇足を引きずる動作
 の2点が重要な観察ポイントである。
 上記2点の症状が確認された場合は、運動の中止の決断をトレーナー、監督が決断しなければいけない。
 これは合併症、転倒などの2次的な怪我への予防も考慮しての判断となる。
 更に続行を検討する際も、次の大会までのスパン(十分休養がとれるのか否か?)も考慮し選手が納得のいく説明ができることも大切な役目と言えるだろう。

※炎症時のテーピングは応急処置であり根本的には安静が必須。また炎症が拡大する可能性も高い。この点を理解させた上で競技に参加させることで選手自身の怪我に対する意識、集中力、止め時の判断力が向上する。