sportsnabi-ルテインの効果・効能

ルテインとは?知っておきたい網膜を構成するルテイン含有サプリメントの効果的な摂取法

◆ルテインの効果・効能【目次】

◆ルテインとは?

 網膜を構成する成分のひとつがルテインである。

 ルテインは体内では一切合成されることのない成分であることから、必ず食品などから摂取する必要がある。

 一般的な食事をしている限り不足することはないが、パソコンなどが普及し目の疲れを訴えることが多くなった現代人にルテインが目の疲労を癒す力があるとして注目を集めるようになってきている。

 尚、癒し効果の有無は医学的には解明されていない。

 ルテインの効能は網膜の正常な働きの手助けである。

 食生活が偏りがちな現代の我々は、ルテインの摂取量も偏ることが多く、網膜が正常に働くことができない状態に陥ることが考えられる。

 このような状態で眼球を使用し続けていると、疲労が蓄積しやすいというデータが出ている。

 このように、あくまで正常な働きを助長する効果を期待してルテインを効果的に摂取しやすいサプリメントなどが開発されているのである。

◆ルテインの作用・働きの一覧表

 ルテインが人体に与える作用についてここでは「確認」をしておこう。

 ルテインの基本的な作用は以下の通りとなる。

ルテインの作用・働きの一覧表
@網膜の保護作用
A網膜の修復作用
B視力低下の予防・抑制
C疲労回復(視覚からの疲労)

 中でも気になる作用は、やはり視力低下の予防・抑制効果だろうか?

 網膜を構成する素材でもあるルテインは、網膜に関与する疾患の大半で摂取が進められる成分でもある。

◆ルテインを多く含む食品一覧

 ルテインを多く含む食品の王様は、ブルーベリーだとおもわれがちだが、それ以上にマリーゴールドと呼ばれる花に多く含まれている。

 サプリメントなどとして製品化されているルテイン含有のものは、マリーゴールドから抽出されたものが多く見かけられる。

 この他、有名なところでは「ホウレンソウ」「ケール」「かぼちゃ」「ピーマン」「ブロッコリー」「レタス」「にんじん」などがある。

◆ルテインの効果的な摂取方法・1回の摂取量の目安は3mg

 ルテインは脂溶性の成分であることから、単体で摂取するよりも食品と一緒に摂取することが望まれる。

 上手に摂取するには、食後すぐに適量を摂取するのが効果的な摂取タイミングと言える。

 尚、1回の摂取量の目安は3mgまで。

 また1日合計6mgまでの摂取量が目安となる。