sportsnabi-テアニンの効果・効能

テアニンとは?知っておきたいリラックス成分テアニンの効果・作用

◆テアニンの効果・効能【目次】

◆テアニンとは?

 テアニンは現在大きな注目を集めているお茶に含まれる成分の一種である。
 構造はタンパク質の最小単位であるアミノ酸構造。
 日光の光を長時間受け続けると、テアニンはやがて「カテキン」と呼ばれる成分に変身していく。

 カテキンはお茶の渋みとも言える成分で、この渋みがお茶の味を引き立てていることは有名である。
 このカテキンに変身する前のテアニンの状態で摂取する場合、人体にα波を増加させるという特殊な働きを持っている。
 今後更に研究が進むと、新たな可能性を見出すことになるかもしれない成分の一種である。

◆テアニンの作用・働きの一覧表

 テアニンが人体に与える作用についてここでは「確認」をしておこう。

 テアニンの基本的な作用は以下の通りとなる。

テアニンの作用・働きの一覧表
@α波の増大によるリラックス作用
Aβ波の減少効果
B睡眠の導入作用
C集中力のアップ

 中でも気になる作用は、やはりα波の増大によるリラックス作用だろうか?

 Bの睡眠導入作用も不眠症の方には見逃せない効能の一つと言える。