sportsnabi-疲労骨折のテーピング・巻き方

疲労骨折のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆疲労骨折のテーピング・巻き方【目次】

◆疲労骨折を発症するケース

【疲労骨折は回避できる障害】

 疲労骨折という骨折があることをご存じだろうか?

 言葉のイメージからすると、疲労が蓄積して骨折してしまう障害というところだろうか。

 この疲労骨折とは、通常の骨折のように極端な負荷がかかり一時的に折れる、もしくはひびが入ってしまうような骨折とは異なり、局所に微弱ではあるが継続的に負荷がかかった場合に最終的に骨折に至る障害を指す。

 一般的な骨折と異なる点は、継続な負担により痛みの予兆を確認できる点にある。

 疲労骨折を発症する場合は、必ず何かしらの痛みの合図が体から送られている。

 その為、可能性を検討することで疲労骨折は回避できる障害でもあるのだ。

 尚、この障害の最大の発症要因は筋肉からの牽引作用による骨と腱もしくは靱帯の付着部分に発症する障害であるという点である。

◆疲労骨折の発症しやすい部位は肋骨・腰椎・脛・中足骨・足の甲・踵

 疲労骨折が特に発症しやすい部位は、肋骨・腰椎・脛・中足骨・足の甲部分などがあげられる。

 特に肋骨は加齢と共に骨が弱くなり、咳やくしゃみで肋骨に骨折を発症するようなケースも珍しいことではない。

 中年者以上の方でゴルフのスイング時に脇腹から胸にかけて痛みを生じた経験をお持ちの方は肋骨に疲労骨折を生じる寸前であった可能性も検討される。

 腰や腰椎に発症する疲労骨折も中年以降に疲労骨折症状が発症しやすくなる特徴がある。

 また、疲労骨折が足の骨に多く発症しやすいのは、疲労が蓄積しやすいのが最大の要因。

 足の甲、中足骨の他、脛の脛骨、脛骨の外側部にあるやや細い腓骨・踵に関しては10代の子供にも疲労骨折を発症しやすい部位である。
⇒腰(腰痛)のテーピング・巻き方
⇒踵のテーピング・巻き方