sportsnabi-足底筋膜炎のテーピング・巻き方

足底筋膜炎のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆足底筋膜炎のテーピング・巻き方【目次】

◆筋膜炎とは筋膜組織に炎症を発症している状態

 足底筋膜炎という言葉は、一度は耳にしたことがあるかもしれないが、「どのような障害か?」

 という点についてまでは広く知られていない障害ではないだろうか?

 足底筋膜は名前にあるとおり筋膜で構成されているひも状の組織である。

 踵の踵骨下面から足の土ふまずを抜けて、足の指の付け根近辺に向けて伸びている。

 筋膜炎とは筋膜組織に炎症を発症している状態を指すが、足底筋膜炎とは、この足裏の筋膜に炎症を発症し痛みを伴う障害である。

 一度炎症を発症すると痛みは繰り返し発症し、重度になると歩行も困難になる障害であるが、正しい処置を行うことで炎症は必ず改善される。

 尚、痛みを抱えている状態で運動を行う際はテーピング処置などで痛みの緩和を図ることも重要である。

◆足底筋膜炎のテーピング手順一覧表

 足底筋膜炎のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。

 足底筋膜炎のテーピングを行う際の最大のポイントは、足底部全体をしっかり覆うように全面的にテーピングを施す点である。

 尚、足裏は就寝時に大量の汗をかく為、治療期間は出来る限り毎日テーピングを交換する事が重要である。

足底筋膜炎のテーピングの巻き方・手順
@アンカー
拇指球から足の甲を通り小指側を周り元の拇指球まで円を描くようにアンカーテープを巻く。
Aテンションテープ@
拇指球から足首(内側⇒外側)を周り斜め下方へ。その後足裏をクロスして元の拇指球までテンションを加えながら貼る。
BテンションテープA
小指横から足首(外側⇒内側)を周り斜め下方へ。その後Aのテープと交差するように足裏をクロスして拇指球までテンションを加えながら貼る。
C保護テープ
ABのテープを3mm〜5mmずらして足裏の隙間が埋まるようにテープを重ねるように貼る。
Dアンカー
アンカーテープの上に集結しているテープの端の上から@のアンカーテープを覆うように再度固定用のアンカーを貼る。

 以上が足底筋膜炎の痛みを緩和させる効果を持つテーピング手順の流れである。

 治療段階では運動は控え、痛みが軽減してきた時に水中歩行などの自重負担の少ない運動メニューからリハビリを開始する。

 尚、治療後は再発予防も兼ねて靴の中敷を出来る限りクッション性の高い素材に変更しておくと良いだろう。

◆若年層に増加する足底筋膜炎

 足底筋膜炎を発症しやすい年代は一般的に40代以降になってから初めて発症するケースが圧倒的に多い。

 しかし、近年では若年層でも足底筋膜炎を発症するケースが増加しており、幅広い年代で症状を発症する比較的身近な足裏の障害として認識されるようになってきている。

 尚、若年層で足底筋膜炎の発症に至る原因の中で最も多い原因はスポーツなどの運動が原因となって筋膜炎を発症するケースである。

 特に陸上の長距離やサッカー、バスケットボールといった走る事を主体とするスポーツ競技を実践している子供の場合は、度重なる疲労が蓄積し足底筋膜炎の発症に至るケースが多い。

◆足裏のアーチ構造の未発達が原因の可能性も

 足底筋膜炎が子供にも多く発症するようになった原因は、運動のし過ぎが主な原因である。

 しかし、激しい運動を行なっていたのは昔も同じであり、近年になり足底筋膜炎を発症する子供が増加している理由としては別の理由も考慮する必要がある。

 尚、現在最も考えられる理由としては足裏のアーチ形状のつぶれ、いわゆる偏平足の子供が増加している事が原因として考えられる。

 これは偏平足の足裏はクッション構造が弱く足底筋膜に大きな負荷を与える為である。

 足裏のアーチ構造は幼少期の運動量が影響を及ぼすことが確認されており、幼少期に裸足で遊びまわっていた子供の場合は偏平足になりにくい傾向が確認されている。

 現代っ子は体の形成がなされる上で重要な期間である幼少期に十分な運動をできていない子が多く偏平足の子供が増加していることも足底筋膜炎の発症に影響を与えている可能性があると言えるだろう。