sportsnabi-足の甲のテーピング・巻き方

足の甲のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆足の甲のテーピング・巻き方【目次】

◆微弱な力が継続的に加わることによって発症する足の甲の疲労骨折

 足の甲に発症する障害には実は結構さまざまな障害がある。

 中でも足の甲部分に多く発症するのが、微弱な力が継続的に加わることによって発症する疲労骨折である。

 また、成長段階の児童に成長痛とも見られる痛み症状を訴えるケースも多くある。

 これは成長期の子供に多く発症する障害で、重度の障害に至るケースはまずなく、過度の心配は必要ない。

 しかし、痛みは常につきまとうので、適切な処置を施してあげることが大切である。

 また、靴のサイズが合わないような場面でも足の甲への痛みを発症するケースが多くある。

 典型的なパターンとしては、生まれつき足の甲が高い骨格のケース。そしてハイアーチと呼ばれる土踏まず部分が極端に高くなる障害のケースである。

◆足の甲の痛みの原因をまず突き止める

 足の甲の痛みを強く発症している場合は、まずその原因を突き止めることから開始するのが定石である。

 靴による矯正やインソール療法などを検討する前に、まず何が原因となっているのか?

 成長痛と呼ばれる類の障害ではないか?

 疲労性、オーバーユース系の使いすぎ症候群の可能性は?

 疲労骨折をすでに発症していないか?

 と要因、及び現状をつきつめてから処置を施していくことが基本である。

◆足の甲のテーピング手順一覧表

 足の甲のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。

 足の甲のテーピングを行う際の最大のポイントは、テーピングで巻きつけるという感覚よりも皮膚に乗せる感覚でテーピングを施す点にある。

 足の甲の痛みの原因が荷重の集中によるものであるのか、打撲や疲労骨折によるものであるのかを突き止め、各々の治療法と並行して治療を行なう事が基本である事を確認しておきたい。

足の甲のテーピングの巻き方・手順
@アンカー
親指の付け根からかかとへ向けて10cm程度のアンカーを貼る。
Aアンカー
同様に小指の付け根から踵へ向けて7cm程度のアンカーを貼る。
B保護テープ
親指側のアンカーの踵側から小指側の付け根のアンカーへ向けて斜めにテープを乗せる感覚で貼る。
C保護テープ
同様に小指側のアンカーの踵側から親指側の付け根のアンカーへ向けてBのテープとクロスするように斜めにテープを乗せる感覚で貼る。
Dアンカー
両端のアンカーテープの上に集結しているテープの端の上から@Aのアンカーテープを覆うように再度固定用のアンカーを貼る。

 以上が足の甲の痛みを緩和させる効果を持つテーピング手順の流れである。

◆筋膜の保護・補強を目的としたテーピング

 足の甲のテーピングでは筋膜の保護・補強を目的としたテーピングが実践されるケースが多いため、強くテンションを加えて巻きつけるテーピングを実践するケースが少ない。

 その為、筋膜の保護・補強という目的と合わせて緩衝材としての目的もあると考えて良いだろう。

 尚、痛みの軽減を目的とする場合は、テーピングの他にサポーターをする方法もある。

 しかし、サポーターをすることで足の甲の厚みが増す事から逆に痛みを強くする可能性もある。

 その為、足の甲の痛みに関しては、テーピングを過剰に巻いて厚みを増すような処置を避け症状に合わせた対処法を選択することが重要となってくる。