sportsnabi-ふともものテーピング・巻き方

ふともものテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ふともものテーピング・巻き方【目次】

◆太ももに発症する肉離れの90%以上は太ももの後面にある筋群組織であるハムストリングスに発症する

1.肉離れとタイカン
2.ダメージを受けている時は安静が原則

◆肉離れとタイカン

 太もも、いわゆる大腿部の障害で最も多い障害はなんだろうか?

 この「太もも部分」に代表される障害のひとつにおそらく誰もがご存知の「肉離れ」がある。

 実際に太ももに発症する肉離れの90%以上は太ももの後面にある筋群組織であるハムストリングスと呼ばれる筋肉群に発症する傾向を持つ。

 また、肉離れと同様に大腿部に多く発症する障害のひとつに打撲症がある。

 コンタクト系の競技アスリートの場合は、太ももに膝などが入ってしまうなどの経験をしたことがある方も多いのではないだろうか?

 この打撲は一般的に「タイカン」などとも呼ばれるが、これは想像を絶する痛みを伴う打撲症である。

 内出血が確認される場合は、その範囲は極度に大きく広がるケースもあり、歩行の都度痛みを伴う。

 回復までに1週間程度の期間が必要となるが、タイカンの場合は、痛みをこらえて運動することも可能ではある。

 しかしこの痛みは人体の防衛組織から送られている体を動かしてはいけないよ。という合図でもある事を把握しておくべきである。

◆ダメージを受けている時は安静が原則

 本来人体の組織はダメージを負っているようなケースでは使わないことが大原則。

 筋トレのメカニズムは破壊と再生、成長ホルモンなどが関係して成長していくものであるが、怪我を負った後は使用しない、筋トレで言えば追い込んだ筋肉、細胞が破壊されている部分に関しては回復を待ってから次回のトレーニングを行う。

 これらは、怪我の時にしても同じでダメージを受けている時は原則使用しない事が基本である。

 ご存知の方も多いかと思うが応急処置の基本項目でもあるRICEにおいても安静が第一条件に掲げられている。

 しかし、それでももし練習を休むことができないケース。

 例えば大会が近いケースなどは、損傷部位を保護、そして筋肉の働きを補う役割をもつテーピング術を覚えておくことは有効である。