sportsnabi-前十字靭帯のテーピング・巻き方

前十字靭帯のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆前十字靭帯のテーピング・巻き方【目次】

◆膝関節を構成する靱帯組織の種類

★1.膝関節の靭帯は複雑な連動性とメカニズムで構成
★2.複数の靭帯損傷を伴う理由
★3.膝関節を構成する主な靭帯

◆膝関節の靭帯は複雑な連動性とメカニズムで構成

 膝関節は、複雑な動きに対しても関節の安定性を保持できるように様々な靱帯組織によって構成されている。
 複数の靭帯組織が相互に働くことにより膝関節の複雑な動きを可能とし、更に仮に体制を崩した状態などでも関節の可動が可能な状態を作り出しているのである。
 このような複雑な連動性とメカニズムで構成される組織はさすがに人工的に作ることはできない。
 関節を保持する靭帯組織は、このように幾つ者靭帯対が連動することで複雑な関節構造を支えているのである。

◆複数の靭帯損傷を伴う理由

 膝関節を構成する靱帯組織の代表的な靭帯には以下のような靭帯があるので覚えておこう。

【膝関節を構成する主な靭帯】
◆前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)
◆後十字靭帯(こうじゅうじじんたい)
◆内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)
◆外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)

 膝関節の靱帯組織を怪我によって損傷してしまうケースでは、単独で損傷を受けることは少なく、大抵のケースでは複数の靭帯が同時に損傷を受けている。
 これは、先ほどご説明した、ひとつの関節を複数の靭帯組織が関連して支え合っているためである。
 仮に一つの靭帯だけが切れてしまっているケースであっても他の靭帯が同様に損傷している事も多いため、膝の捻るなどの捻挫を発症してしまった場合は念の為、医師の診断を受けることが重要である。