sportsnabi-ばね指・腱鞘炎のテーピング・巻き方

ばね指・腱鞘炎のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ばね指・腱鞘炎のテーピング・巻き方【目次】

◆手関節の可動範囲に制限を加えるテーピング

★1.症状の進行予防と痛みの緩和目的のテーピング
★2.ばね指のテーピングの手順表
★3.弾性包帯かサポーターを手首に巻きつけ処置は終了

◆ばね指のテーピングの手順表

 ばね指のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。
 ばね指に施術されるテーピングには、手関節の可動範囲に制限を加えるテーピングが行われる。
 これは独特の症状である腱が腱鞘内を行き来する際の引っ掛かり感を緩和することで炎症の拡大を予防し、かつ痛みを緩和する効果が得られるためである。
 ここではテーピングの主流であり近所のドラッグストアなどでも購入可能なホワイトテープを使用したばね指のテーピングの手順について以下にまとめる。

ばね指・腱鞘炎のテーピングの巻き方・手順
アンカー
指を開いた状態で手首にアンカーテープを貼る。
サポートテープ
手の甲、指の付け根に親指側から小指側に向けてサポートテープを貼る。
サポートテープ2
手首のアンカーまでテープから2.5mm下に同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。
アンカー
再度アンカーテープを貼り③のサポートテープのばらつきを止める。

※今後は入門者向きにテーピング手順をイラスト図解か写真で公開予定

◆弾性包帯かサポーターを手首に巻きつけ処置は終了

 ばね指・腱鞘炎のテーピング手順の流れは上記の表の通りである。
 手順自体は他の部位の施術と比較するとやや簡単な部類に入るかもしれないが慣れるまではやはりテープのズレなどがおこり苦戦するかもしれない。
 テーピングは回数をこなす事が何よりも重要であるため何度も行ううちに次第にテーピングのテープの扱い方法やクセなどが感覚で掴めるようになってくるため根気よくチャレンジする事が大切である。
 尚、テーピングを終えたら弾性包帯、もしくはサポーターを手首に巻きつけ処置は終了である。
 このテーピング術は手関節の屈曲に対する動きに制限が加わるため、痛みの緩和は図れるが、家事などを行う場合日常生活に不便を感じることになる。
 頻繁に手を使う作業が必要な場合はテーピングをせずにサポーターなどで賄うことも検討すると良いだろう。

※手首関節や指関節は日常生活で頻繁に使用する部位であり関節数も多く腱の動きも多い。また手首のテーピングは時間の経過と共に縁部分がめくれてくる為、テーピングの上から弾性包帯やサポーターなどで覆ってあげるとめくれずらく保温性も高まり効果的である。但し激しい痛みがある炎症が強い状態の時は保温よりもテーピングをせずにアイシング処置が有効なケースもある事を把握しておこう。