テーピングの手順表 - sportsnabi-ハムストリングのテーピング・巻き方

sportsnabi-ハムストリングのテーピング・巻き方

ハムストリングのテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

sportsnabi-ハムストリングのテーピング・巻き方【目次】

◆テーピングの手順表

★1.キネシオテーピングとホワイトテープ
★2.ハムストリングのテーピングの巻き方・手順一覧表
★3.ハムストリングのテーピング難易度について

◆キネシオテーピングとホワイトテープ

 ハムストリングのテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。
 ハムストリングに施術されるテーピングには、一般的なホワイトテープを使用するテーピングよりも筋肉に沿って貼りダメージを受けている筋肉や関節の補助的な役割をするキネシオテーピングによるテーピングの方が広く普及しているかもしれない。
 また、太ももはテーピング対象となる皮膚の面積が広い為、大量のテーピングが消費されるため、日常的には密着性の高いサポーターの使用で対応するケースも多い。
 しかし、やはり最もホールド感が強くテーピング効果が高いのは経験上ホワイトテーピングによるテーピング施術であると個人的には感じている。
 その為、ここでは経済的であるとは言えないが難易度がそれほど高くないホワイトテープを使用したハムストリングのテーピングの手順について以下にまとめる。

ハムストリングのテーピングの巻き方・手順
アンカー
太もも側面に50mmテープを20cm程貼る。
サポートテープ
内側面のアンカー中部から左側面のアンカー下部に向けてサポートテープを貼る。逆も同様に行い、太もも後ろ面中央部でテープをクロスさせる。
クロステープ
クロスしたテープから2.5mm上に同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。一端がアンカー上部に達するまで継続。
アンカー
再度アンカーテープを貼りサポートテープの両端のばらつきを止める。
サポートテープ
両脇のアンカー下部からアンカー下部へ水平にテープを貼る。(必ず内側から外側へ)
サポートテープ
水平のテープから2.5mm上に同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。アンカー上部に達するまで継続。
アンカー
水平に貼ったサポートテープの両端のばらつきをアンカーで止める。

 以上がハムストリングのテーピング手順のおおまかな流れである。
  テーピングを終えたら弾性包帯、もしくはサポーターをテーピングを行ったハムストリングスの上からかぶされば処置は終了である。

◆ハムストリングのテーピング難易度について

 ハムストリングのテーピング手技は足関節や足の甲などの障害に関するテーピング手技と比較すると対象となる範囲が大きいため難易度はそれほど高くない。
 スポーツトレーナーを目指しているアスリートは肉離れなどの障害を発症する可能性を考え早い段階でマスターしておきたい手技のひとつと言える。

bookmarkボタンから「お気に入り」に登録が可能です。