sportsnabi-ハムストリングのテーピング・巻き方

ハムストリングのテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆ハムストリングのテーピング・巻き方【目次】

◆ハムストリングとは太もも後面にある筋肉群

★1.ハムストリングの構造
★2.代表的なトレーニング種目レッグカール
★3.予防も兼ねてハムストリングの強化を

◆ハムストリングの構造

 ハムストリングとは、太もも後面にある筋肉群の総称。
 一般的にはハムやハムストリングスとも呼ばれている。
 代表的な筋肉としては、大腿二頭筋と呼ばれる2つの筋頭をもつ筋肉組織(この筋肉名称は耳にしたことがある方も多いはず)
 この大腿二頭筋は2つの筋頭がひとつの筋腱組織へと移行し骨に付着している。
 この他、半膜様筋、半腱様筋があり、この3つの筋群を総称してハムストリングと呼ばれている。

※ハムストリングは3つの筋肉の総称である
①大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
②半膜様筋(はんまくようきん)
③半腱様筋(はんけんようきん)

◆代表的なトレーニング種目レッグカール

 次項以降でも解説しているが大腿部前面の筋肉と比較すると、後面の筋力が不足しているアスリートが多く、このバランスの違いが肉離れを発症する要因ともなっている。
 その為、大腿部前面に配置する大腿四頭筋のトレーニングはもちろん前面の筋郡以上にハムストリングのトレーニングはスポーツアスリートにとって重要なトレーニング種目部位となる。
 尚、ハムストリングの代表的なトレーニング種目としてはレッグカールなどが有名。

◆予防も兼ねてハムストリングの強化を

 レッグカールは太もも裏面の筋肉を収縮と伸展を繰り返す基本的なメニューではある。
 しかし肉離れなどを発症しやすい部位でもあることから怪我の予防もかねてハムストリングは鍛えておくべき筋肉部位の中でも優先順位の高い部位であると言える。
 尚、テーピング手技ではハムストリング全体をテーピングで覆うため、かなりの量のテーピングを消費する。
 その為、確実にホールド感を高めておく必要があるゲームなどのケース以外では簡易的なサポーターやキネシオテープなどによる簡易的保護でまかなうことも考慮に入れておくことが重要である。