sportsnabi-ウコンの効果・効能

ウコンとは?知っておきたい肝臓の改善薬ウコンの効果的な摂取方法

◆ウコンの効果・効能【目次】

◆ウコンとは?

 漢方薬のような見た目?にも見え、まるで生姜のようにも見えるウコンは毎日のように見かけるようになっている。

 このウコンは生姜科に属する「薬草」で、特に肝機能の改善効果が高いことから古くから肝臓の妙薬として扱われてきた経緯がある。

 肝臓はアルコールを分解する働きもあることから、飲みすぎた時はウコンというイメージが定着しているのである。

 製品化されている多くのウコンを主要成分とする製品は粉末状になっているものが多い。

 粉末タイプの製品は実質のウコン含有量が単価としてみると安く抑えられている為人気がありコストパフォーマンスも優れる点がポイントだ。

 しかし近年は「ウコンの力」で見られるようなドリンク剤も増えてきておりバリエーションもアップしている。

 粉末タイプのウコン製品は独特の臭いがあり、水に溶けにくく飲みづらいというデメリットがあった。

 このような飲みづらさという欠点を補い、若者でも飲みやすい製品として市場の独占に成功した製品がウコンの力なのである。

 今では女性向けのカシスオレンジ味の製品も見かける。あなたも一度は目にしたことがあるだろう。

 尚、当然の話ではあるが粉末タイプもドリンクタイプもウコンの効果や効能が変化することはない。

 頻繁にお酒を飲む方の場合はコストパフォーマンスに優れた粉末タイプ。

 あまりお酒は飲まないが、飲んだ時に肝臓の調子を崩しやすいような場合はドリンクタイプなど状況に合わせて選択すると良いだろう。

◆ウコンの作用・効果・効能の一覧表

 ウコンが人体に与える作用についてここでは「確認」をしておこう。

 ウコンの基本的な作用は以下の通りとなる

ウコンの作用・効果・効能の一覧表
肝機能の改善作用
肝臓疾患の調整効果
飲みすぎ時の肝臓・肝機能の回復(二日酔い)
滋養強壮作用

 中でも気になる効能は、やはり肝機能の改善作用だろうか?

 ウコンは病気の治療薬としての役割ではなく、弱った機能を強化、改善する働きで使用する成分である。

 サラリーマンであれば年一回、健康診断や人間ドッグ検診を受ける義務があるが、この検査では肝機能に関する血液検査が実施される。

 主な血液検査には、肝機能検査は複数の検査を並行して行うに記載されている記事によるとAST検査やALT検査、ガンマGTP検査などがある。

 これらの肝機能数値がもし基準値の範囲を超えてしまうようなことがないように、ウコンを活用すると良いだろう。

 尚、ウコンが体内に働きかける主要成分は「クルクミン」と呼ばれる成分である。

 このクルクミンはウコンのターメリックに含まれる黄色を生み出す色素成分だが、肝機能の改善効果が高いことが確認されている。

 しかし、クルクミンは微量しか存在せず必要量を摂取するのが難しい。

 そのためクルクミンを中心に抽出したウコン関連製品が開発されるようになったのである。

 尚、多量に摂取すると下痢などの副作用症状を発症することもある点は注意が必要である。

◆ウコンの日本国内の栽培は沖縄を中心に栽培

 ウコンの日本国内の栽培は、沖縄を中心に栽培されている。

 ウコンの育て方は難易度が非常に高く、南国の風土でなければしっかりとしたウコンが成長しないのがその要因。

 現在は沖縄に続き、鹿児島でも一部栽培されるようになったが、その他の地域での栽培はまだ行われていない。

 日本国内におけるウコンの需要は急速に高まってきており、実質ウコンの国内消費量も右肩あがりで伸び続けている。

 この需要の高まりもやはり、ウコンがもつ肝機能の改善という効能が大きく注目を集めるようになった為である。