sportsnabi-テニス肘のテーピング・巻き方

テニス肘のテーピング講座。テーピング方法・巻き方の手順のまとめ。

◆テニス肘のテーピング・巻き方【目次】

◆テニス肘のテーピングの手順表

★1.ラケットで打球を打つたびに想像以上の衝撃が肘に加わる
★2.テニス肘のテーピングの手順一覧表
★3.手関節の背屈の可動に制限を加えることがポイント

◆ラケットで打球を打つたびに想像以上の衝撃が肘に加わる

 テニス肘は名前の通りテニスプレーヤーに多く発症する肘関節の障害の一つである。
 総称してテニス肘と呼ばれるが、詳しくは上腕骨上顆炎と呼ばれる炎症性の肘の病気。
 テニスプレイヤーは1つのラリーの間に何度もラケットを繰り返し振る。
 また、ラケットで打球を打つ度に、テニスボールの重さからは想像できないほどの強い衝撃が肘に加わることになる。
 特に最近では男子は200キロ超えは珍しくもなく、女子に至っても190キロ代が見られるサーブのレシーブ時の肘に加わる衝撃に関しては想像を絶するものがある。
 これはテニスの経験者であればおそらく誰もが体感したことのある感覚ではないだろうか?
 一般的なサーブの場合は綺麗にラケットの芯で捉えることができた場合、信じられないほど軽くラケットが振り抜ける瞬間を体験する。
 しかしスピードのある思いサーブを受けると仮に芯でとらえることができても腕全体がしびれるほどの強い衝撃を受けることになるのである。
 もしラケットの縁などでボールを受けた場合はかなり衝撃が強い。
 思わずラケットを落としてしまいかねないような腕の痺れを体験したことがある方もいるのではないだろうか?
 このように激しい衝撃を受け続けるテニス選手の肘は、少しずつではあるが徐々にダメージが蓄積されていることを覚えておく必要がある。

※テニス選手はラケットのスイングだけでなく打球による肘への衝撃が徐々に肘関節や手首の関節に蓄積されていることを把握しておくことが大切。痛みはいきなり襲ってくるのではなく徐々にダメージが蓄積していった結果慢性的な炎症症状を発症していくのがテニス肘の特徴でもある。

◆テニス肘のテーピングの手順一覧表

 テニス肘のテーピングの巻き型の手順を以下にまとめておく。
 テニス肘のテーピングには肘関節の保護を目的とする予防目的のテーピングと既に痛みを発症している状態で痛みの緩和を目的として行われるテーピングがあるが基本的な巻き方は同じである。
 尚、テニス肘のテーピングには筋肉に沿って貼りダメージを受けている筋肉や関節の補助的な役割をするキネシオテーピングやスパイラルテープなどがあるが、当サイトではドラッグストアなどで広く市販されているホワイトテープを利用したテニス肘のテーピング手順をご紹介する。

テニス肘のテーピングの巻き方・手順
アンカー①
手の甲に50mmテープを親指と小指をつなぐように10cm程貼る。
アンカー②
前腕中央部手の甲側に50mmテープを5cm程貼る。
クロステープ
アンカー①の両端からアンカー②の両端に向けてサポートテープをクロスして貼る。
サポートテープ
アンカー①からアンカー②へ向けてまっすぐにサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。一端がアンカー上部に達するまで継続。
アンカー
再度アンカーテープを貼りサポートテープの両端のばらつきを止める。
サポートテープ
両脇のアンカー下部からアンカー下部へ水平にテープを貼る。
サポートテープ
水平のテープから2.5mm上に同様のサポートテープを繰り返し重ねて貼っていく。アンカー上部に達するまで継続。
アンカー
水平に貼ったサポートテープの両端のばらつきをアンカーで止める。

※今後は入門者向きにテーピング手順をイラスト図解か写真で公開予定

◆手関節の背屈の可動に制限を加えることがポイント

 テニス肘のテーピング手順は上記表の流れの通りである。
 テニス肘のテーピングは自分の足首や太ももなどといった自分でも巻きやすい部分とは異なるため、自分で自分のテーピングを行うには難しいものがある。
 その為、両親か兄弟、クラブ活動などではマネージャーなどに手順を伝え巻いてもらうようにすると良いだろう。
 尚、テーピングを終えた後は弾性包帯、もしくはエラスティックテープをテーピングにかぶせるように巻きつけ処置は終了である。
 テニス肘のテーピングでは肘そのものにテーピングを行わず手関節の背屈の可動に制限を加えることがポイント。
 ラケットの使用感覚は低下するが急性的な痛みの緩和を図ることができる。

※テニス肘のテーピングでは肘関節ではなく手首を中心に手関節の背屈の可動範囲に制限を加えることがポイント。この制限だけでも痛みの軽減効果が期待できる。